昇進・昇格のために500点〜650点目指す方のためのTOEIC教材

昇進・昇格のためにTOEICスコア500〜650点を目指す人におすすめの教材

英語教材辛口ランキング(英会話部門) 堂々1位
TOEICのスコアをアップさせた方続出!
効率的にリスニング力を伸ばす教材として、多くの英語学習者に支持され、企業の研修用教材として採用されている、アルク人気No.1講座です。
1000時間ヒアリングマラソン

この教材で最低3回繰り返し勉強すれば650点は取れます!

「会社の方針で全社員にTOEICスコア600点以上のスコア取得が課せられた!」
「会社でTOEIC600点以上の取得が昇進の要件になった」

 

このようにTOEICのスコアを昇進・昇格の要件の一つにする企業が増えてきました。
最低でも500点から650点以上のスコアを求められるケースが多いようですね。
一定のスコアを持っていないと、昇進や昇格の可能性が閉ざされてしまうということで、英語が苦手な方にとっては厳しい時代になりましたね。

 

でも、TOEICのスコア500〜650点レベルであれば、さほど難しいことではありません。
誤解を恐れずに言うと、この程度のスコアは「仕事で英語を使える」というレベルではありません。
良い教材を使って、ある程度の努力をすれば、間違いなくクリアできるレベルです。
例えあなたが英語が苦手であったとしても。

 

ここでは、昇進・昇格の為にTOEICスコア500〜650点を目指す方におすすめの教材を紹介します。

 

実際にスコアアップした人が使っている教材です。
プレジデントムックの「成果10倍の勉強法」で「1000人調査でわかった!一番使える教材、裏切られた学習法」で紹介されている教材もあります。

 

ここで紹介した教材で勉強してTOEICのスコアアップを達成し、昇進・昇格を目指して下さい。

 

 

TOEICテスト 新公式問題集 Vol.1〜Vo.5

 

財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会から出版されている「公式問題集」。
この教材を使わずにTOEICを受けている人はいません(多分)っていうくらい、基本的な教材です。
TOEICテストの過去問題は公開されていないので、本番と全く同じ様式で過去問題集はこれだけです。
リスニングの教材も、試験本番と同じナレーターだから、本番に慣れるという意味でも欠かせません。
Vol.1はちょっと古いので除いてもいいですが、Vol.2〜Vol.5は最低3回づつはやりましょう。

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.2〉

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.3〉

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉

 

 

基本の文法を押さえれば470点

 

TOEICテストは中学校で習ったレベルの英語力で470点は取れると言われています。
この点数に満たない人は、まず中学校レベルの英文法を理解しておくと良いでしょう。
私のおすすめは2つ。どちらか1つで十分OKです。

 

・新TOEICテスト中学文法で600点!
・中学3年間の英文法を10時間で復習する本

新TOEICテスト中学英文法で600点!

カラー版 CD付 中学3年間の英語を10時間で復習する本

 

 

基本文法に単語力を上乗せして500点突破

 

TOEIC系のブログでも評価が高い単語用の教材。
公式問題集に出る順にまとめられている点、単語だけでなく例文が掲載されていて、それがテストの形式と似ている点が良い。
語彙を増やす学習ならこれを何度もやって覚えれば十分足ります。

 

・新TOEIC TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990

新TOEIC R TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990

 

 

何度も繰り返しましょう!

いかがでしょうか?
そんなに高価な教材を買わなくても、これだけで十分650点は取れます・・・というか、これだけで730点までイケますよ。

 

一つだけ注意して欲しいことがあります。
あれこれ色んな教材に手を出さないで下さい。

 

世の中には「●●するだけで簡単に〜」など、「楽に」&「短期間」で効果が出るような謳い文句の教材が溢れています。
なかなかスコアがあがらないとそういうものが気になる気持ちはわかります。
値段が高いと効果がありそうな気がしてしまったりして(笑)

 

でも、一つの教材を何回も繰り返してやる方が、確実にスコアはアップします。
スコアアップに成功している人はみんなそうしていますよ!

人気のリスニング教材

英語教材辛口ランキング(英会話部門) 堂々1位
TOEICのスコアをアップさせた方続出!
効率的にリスニング力を伸ばす教材として、多くの英語学習者に支持され、企業の研修用教材として採用されている、アルク人気No.1講座です。
1000時間ヒアリングマラソン

ホーム RSS購読 サイトマップ