就職に有利 600〜730点目指す方のためのTOEIC教材

就職を有利にするのためにTOEICスコア600〜730点を目指す人におすすめの教材

英語教材辛口ランキング(英会話部門) 堂々1位
TOEICのスコアをアップさせた方続出!
効率的にリスニング力を伸ばす教材として、多くの英語学習者に支持され、企業の研修用教材として採用されている、アルク人気No.1講座です。
1000時間ヒアリングマラソン

就職の可能性を広げるために取りたいTOEICスコア730点

就職を有利に進めたいなら、TOEICスコア600〜730点を狙いましょう!

 

新卒の採用基準にTOEICのスコアを入れている企業が増えています。

 

ニュースでも話題になりましたが、社内の公用語を英語にした「楽天」や、ユニクロでおなじみの「ファーストリテイリング」だけでなく、学生に人気のある大手企業では、新卒の新規採用の選考基準にTOEICのスコアを入れているとことが多くなっています。

 

ビジネスがグローバル化している以上、この傾向は変わりませんし、さらにこの動きは多くの企業に広がっていくことは明らかだと思います。

 

以前、週刊ダイアモンドという雑誌で紹介されていた「日本の主要企業が求めるTOEICスコア」をみると、新規採用の際に日本の主要企業が求めるTOEICスコアは600点以上となっています。

 

誰もが知っている大手企業になると新卒採用でも700点以上です。

 

730点以上になると英語力をアピールでき、採用担当者の目を引を引くレベルと言われているので、出来れば730点以上のスコアを狙いたいですよね。

 

もし将来海外赴任をしたいとか、海外に係る部署で働きたいという希望があるのであれば、730点は最低限クリアしておきたいところです。

 

  • 履歴書に書けるレベルのTOEICスコア 600点以上
  • 英語力をアピールできるレベルのTOEICスコア 730点以上

 

 

 

600〜730点のレベルは決して無理なレベルではない

 

TOEICスコアで600点から700点は、簡単ではないですが、特別難しい訳ではありません。
初級・中級・上級で言ったら、中級ですから。

 

もちろん、ごく一部の人しか取れない点数でもありません。
きちんとした教材を使って、コツコツ&繰り返し学習していれば取れないスコアではないんです。

 

ここでは、TOEICスコア600点〜730点を目指す方におすすめの教材をご紹介いたします。

 

プレジデントムックの「成果10倍の勉強法」で「1000人調査でわかった!一番使える教材、裏切られた学習法」で紹介されている教材もあります。

 

おすすめの教材で勉強してスコアアップ&730点達成を目指して下さい。

 

そして英語力を付けてこの就職氷河期を有利に乗りきって下さい!

 

 

 

TOEICテスト 新公式問題集

 

財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会から出版されている「公式問題集」。

 

これまでVol.1からVol.6まで出されていましたが、TOEICテストの出題形式が2016年5月29日の公開テストから変更されます。(http://www.toeic.or.jp/press/2015/p049.html
したがって、過去の公式問題集Vol.1からVol.6は過去の形式のものになります。

 

この教材を使わずにTOEICを受けている人はいません(多分)っていうくらい、基本的な教材です。

 

TOEICテストの過去問題は公開されていないので、本番と全く同じ様式で過去問題集はこれだけです。

 

リスニングの教材も、試験本番と同じナレーターだから、本番に慣れるという意味でも欠かせません。

 

最低3回はやりましょう。

 

 

 

自分の実力に合わせて文法レベルを上げよう

 

大学を受験してそんなに経っていない学生のみなさんは、ある程度の文法レベルを保っていることと思います。

 

まずは、こちらの文法の問題集で730点レベルまでの文法力をつけましょう。

 

TOEICに出題される英文法をカバーしているので、確実なスコアアップが狙えるパート5&6対策に必携です。

 

新TOEICテスト 英文法 出るとこだけ!

 

もし、上記問題集が「難しい」と感じるレベルであれば、英語の基礎レベルの知識が不足していると思われます。

 

そんな方におすすめの教材がこの2冊。
中学校レベルの基礎レベルの英文法を身に付けるのに最適な良書。

 

パート5と6に苦手意識を感じている人も、一度このレベルまで戻って足固めするのも良いと思います。
もちろん、どちらか一冊でOKです。

 

・新TOEICテスト中学文法で600点!

 

 

【注】2016年5月17日に、新形式(2016年5月〜)完全対応版として改訂版が発売されます。
TOEIC(R)テスト 中学英文法で600点!

 

中学3年間の英文法を10時間で復習する本

 

 

 

単語力をUPすれば500点突破

 

「語彙の少なさを自覚している」「問題を読んでいてわからない単語が多い」という方におすすめ。

 

TOEIC頻出単語が、公式問題集に出る順にまとめられているので、効率的に語彙を増やすことが可能です。

 

単語を含む例文が掲載されていて、それがテストの形式と似ている点がおすすめのポイント。

 

何度も繰り返していると、問題を読んでいて意味がわからない単語がグッと減ること実感できます。

 

新TOEIC TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990

 

 

 

TOEICのスコアアップ&会社に入ってからも困らない英語力のために

 

NHKラジオ英語講座を活用しよう!
単なるTOEIC対策でスコアがアップして、「TOEIC730点オーバーです」ってアピールしても、実際使える英語力がなければただの見かけ倒し・・・。
企業の採用担当者は、そのあたりのところは十分理解しています。

 

自信を持ってTOEICのスコアと英語力をアピールするなら、NHKラジオ講座も併用して英語力を高めておきましょう。
TOEICのパート3と4対策でも多くの人がおすすめする勉強法です。

 

特に、「攻略!英語リスニング」はTOEIC対策にピッタリです。

 

攻略!英語リスニング
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/english/kouryaku/

 

NHKではNHKの語学番組の視聴や学習をサポートする「マイ語学」(https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku_about/)というサービスを提供しています。

 

これに登録すると、上記番組のストリーミングを聴くことができます。

 

リアルタイムにラジオを聴くことができない方でも、本放送の翌週月曜日の午前10時から1週間の期間であればいつでも番組を聴いて学習できますので、活用しない手はないですよ。

 

 

 

 

730点まではアレコレ手を出す必要はありません。
個別にパート別の対策だって必要じゃありません。

 

思うようにスコアが伸びなかったり、使っている教材がよく理解できなかったりすると、派手な宣伝文句の教材にどうしても目が行きがちです。
TOEICに関する教材や本はたくさんありますからね。

 

でも、あなたが今時間を使わなくちゃいけないのは「教材選び」ではなく、学習する時間です。

 

スコアアップに成功している人がみんなやっている共通点があります。

 

それは、「一つの教材を何回も繰り返してやる」ってこと。

 

これが確実にスコアアップする方法です。

 

努力すればできることで、就職活動の可能性が狭まるのは本当にもったいないです。

 

ちょっとの努力で可能性を広げましょう!

 

人気のリスニング教材

英語教材辛口ランキング(英会話部門) 堂々1位
TOEICのスコアをアップさせた方続出!
効率的にリスニング力を伸ばす教材として、多くの英語学習者に支持され、企業の研修用教材として採用されている、アルク人気No.1講座です。
1000時間ヒアリングマラソン

ホーム RSS購読 サイトマップ